開発EA

morning star USDJPY M5のバージョンアップについて

私のEAは全てロジックが違うのですが、それぞれロジックの特性のようなものがあります。

それで、このmorning star USDJPY M5のロジックで様々な検証を行いましたが、長期的なバックテストでは良好ですが最近の不調を改善するには至っておりません。

 

もちろん現状のロジックが、一時的なドローダウンの可能性もありますし、このEAのバックテストやEAの挙動がいいという方はそのまま使用していただいていいのですがバージョンアップするとバージョンアップしたフォワードに切り替わると同時に以前のバージョンのファイルは入手不可になります。

ですので、いま稼働されている方で気にいっている方は今のバージョンのEAをなくさないようにお願いします。

 

 

なぜ、このような事を書きますかというと今のバージョンとだいぶ変わってしまうからです。

 

上記しました通り現ロジックの特性をそのままにして改善するためには、EAのタイプを少々変更しない限り改善が見込めないような状況となっております。

そのため、次回バージョンアップではより厳選したエントリーをする仕様へと変更することにしました。

そのため取引回数が減ります。それを補うため両建はしませんが最大保有ポジションを3つまで持つ仕様にする予定です。
(常に3つ持つわけではありません、出たサインを全部拾う感じです)

以下がそうですが、基本ロジックが同じなので同じような損益曲線にはなるのですが、、

今のバージョンとの比較で、、

 

純益 8718     ➡  7243 減ります。

PF 1.43      ➡      2.13  増えます。

取引回数 2496回 ➡   1988回 Max3ポジ仕様ですがそれでも減ります。(常に3ポジ持つわけではなく、サインがでたら全部エントリーするような仕様です。)

最大DD 557(3.45%) ➡  326(2.24%)減ります。

勝率   66%  ➡  75% 上がります。

最大保有ポジ 1  ➡  3

 

と、、このように数値的に変わります。長期的な損益曲線をあまり変わらないようにして現在の相場にあわせるような形をとりました。

 

 

クリックで拡大

 

フォワードテストをして、問題がなさそうならバージョンアップしたファイルを提出する予定です。

もし、今のバージョンで気になっている方はバージョンアップ後は新バージョンしか入手不可になりますのでご了承下さい。

 

 

 

 

関連記事

  1. 開発EA

    morning star USDJPY M5 バージョンアップ後の成績

    morning star USDJPY M5を9/27にバージョンアッ…

  2. 開発EA

    Gram USDJPY M15 販売開始

    Gram USDJPY M15 販売開始し…

  3. ブログ

    ヒストカルデータの違い

    同じEAでもブローカーの違い、リアル・デモの違いによって成績に差異が生…

  4. 開発EA

    morning star USDJPY M5の本日の取引について

    今日のmorning star USDJPY M5がエントリーしたのは…

  5. 開発EA

    プロフィットファクター 32.31

    プロフィットファクターが 32.31 (◎…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事

海外ブローカー 人気No1

PAGE TOP